100点以上!なんと111点って!!

   

はい、ただ今、羽生結弦くん見てました。
2018年冬季平昌オリンピック、男子フィギュアスケート、ショートプログラム、生放送で見ています。

羽生くん、完璧な演技、技で100点も大きく超えて111点。一番目の演技でしたが、後からの選手にプレッシャーをかなり与えていますね。このまま金メダルを目指して突き進んで欲しいですね。

この点数って、始めは100点満点や体操での10点満点なんてありますが、それまでの基準で点数をつけるとそれ以上の演技があった時に満点が多発してしまい、一位が決まらないと言うことがあり、今までの満点からの減点制度、プラス、技などでの加点制度が加わり、満点以上の点数が出るようになりました。
新しい若い競技者たちによって、難易度の高い技が作られたり、公式大会で成功したりして、スポーツ界も日々進化していますね。

そして今回の羽生くんの点数は111点とかなり加点されている高得点。ミスもなく完璧で、演技の表現力もかなり良かったと思います。
羽生くんを見ていると、かなり本番に強いタイプだと思いました。会場はたくさんの人で埋め尽くされていますが、競技本番になると会場は静まり返り、他の国の応援の人も全ての人の目が競技者に集中します。その、視線を集めること、自分だけを皆が見ているという緊張を集中に変えたり、演技で表現しているものを伝える相手として味方につけて演技できるナルシスト系なんだと思います。
ナルシスト系は注目を集めるほど嬉しくもなり、良い結果も残せるはずです。

サラは人前は苦手なので、注目されてないと思わないと何もできませんが…

日本はまだ、メダルは銀と銅しかないので、ここらで金を掴み取って、あとの選手も波に乗って続いていって欲しいです。
ところで、羽生くんとか織田信成とか、なぜかフィギュアスケート男子の選手は、生理的に苦手です。これもスピリチュアルなものでしょうか?(笑)高橋大輔は大好きなんですがね!
でも、羽生くんが曲が始まる直前に胸に十字を切っている姿は、なぜか好感が持てました。

 - 日常 , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。