~ほっこりまったりひとやすみ~

サラができた経緯

2018/05/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -

私はうつ病だということはプロフィールにも書いているんですが、なぜこんな病気になってしまったのか。
youtubeの方では、うつ病になりやすい性格などの話しで、幼い頃のトラウマや育ってきた環境でなりやすい人もいると話しました。
私もその系統で、幼い頃のトラウマ経験と微妙な家庭環境で、もともとうつになりやすい性格に拍車がかかりました。
同じ境遇の人でもなんともない人もいると思うので、これはストレスの感じ方と解消の仕方、発症するトリガーとなるかなり大きなストレスがあったかなかったかの差だと思います。

幼い頃のトラウマや育ってきた環境の異常で精神的になにか抱えてる大人をアダルトチルドレンと言います。決して子供っぽい大人ではなく、幼い頃の経験から大人になってもその不安要素が深層心理に残っていることです。
私は、幼い頃片親で育ち、大人の顔色を見ながら、子供でも大人として振舞わなければならない環境で育ちました。可愛くない子供ですね(笑)大人からしたら、手のかからない良い子です。だけど、子供としては「大人に迷惑かけちゃいけない」「良い子でいないと捨てられる」と必死に成績も素行も良い子でいようとしてました。けれど、子供と言うものは残酷でそんな成績がよく大人びた同級生はイジメの対象ですよね。最初は「あの子はお母さんいないから」「捨てられたんでしょ?うちのお母さんが言ってた」から「なんかスカしてる?ムカつくからハブろう」と。そして、家ではイジメられていることも言えず、成績は良くても褒められず、学校でも先生と友達の顔色を見ながら、もう誰にも見捨てられたくないと、必死でした。

高校生くらいになると学校では優等生、先生の評価も抜群で、友達ともある程度の距離を置き、この人は別格って感じでクラスメートともあまりしゃべらず。高校生くらいになるとイジメってあまり酷くないですもんね。
そして、放課後はその反動で不良のような時期もありました。ですが、やっぱりそこの友達はサラを優しく迎え入れてくれ、とても居心地がよく居場所ができました。

そんなこんなで、子供時代にちゃんと子供として過ごさなかったり、捨てられる不安から自由にできなかったことも多く、今14歳として好きなことをしてる日々です(笑)いまでも捨てられることの不安や、周りに気に入られなきゃってストレスが多くなりうつが酷くなるときもありますが、どうにか親としても一人の人間としても生活できています。

これが、こんな私を作ったあらましです。
そのほかにも引き金になった経緯もあるんですが、それはまたいずれ。

こちらの記事もおススメ!

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. シンジ より:

    子供の頃色々大変だったんですね
    小さい頃の経験が今のサラさんを作ったんですね

  2. sarae より:

    自分ではそれが当たり前でしたけど、こうやって書き出すと…
    まぁ、こんなんなのでサラは人の役に立てるのが凄い嬉しいです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Copyright© saraeのひなたぼっこ , 2018 All Rights Reserved.