~ほっこりまったりひとやすみ~

オリジナル唄ってみた

 
この記事を書いている人 - WRITER -

雨でもないのに、雨の曲、唄ってみた載せます。
一応、オリジナルです。まだ一番しかできてないけど…
今回はサビのみです。ギターも一応。

Lonely rain
Lonely rain / sara
足跡さえ消えてゆく 僕の記憶も流して
肩を濡らす雨に僕の涙も隠して
もう誰にも見えないほど萎んだ身体を丸めて
行く宛てなく 夜の闇に眠った

一人で雨に濡れた昔の自分を思い出して作った曲です。
自分で作る曲はなぜかいつもあの人を思って書いてしまう。それだけ、深く心に刻まれているのでしょう。
人間にとって母親とは、一番先に愛してくれ、信頼できるもの。それを失った自分は、心にぽっかりと大穴が開いているのかも。
最後の心の支えや世界一味方になるはずの人がいないことは、何かに躓いたとき、傷ついたときに自分ひとりで乗り越えなくてはいけないという孤独。
切ない曲を好んで作ってしまうのはそんな心の声なのかもしれないな。

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. シンジ より:

    サラさん こんばんは、今日もお疲れ様でした

    サラさん 作詞作曲もするんですね!凄いですね!聞き入ってしまった!
    続きも聴いてみたいな

    • sarae より:

      こんにちは、シンジさん。
      ありがとうございます。
      続き作らなきゃと思いつつ、そのままですね。また梅雨の季節にでも、気分ごと浸って書いてみます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Copyright© saraeのひなたぼっこ , 2018 All Rights Reserved.