~ほっこりまったりひとやすみ~

蝶の楽園

2018/05/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -

今日はゴールデンウィークの後半戦として、兵庫の旦那の友達の家へ行ってきました。毎年数度お邪魔させていただいてます。
いつも集まるのは昼くらいからなので、午前中は家族だけで楽しもうと計画します。

今回選んだのは、伊丹市にある伊丹市昆虫館です。
普通の昆虫の博物館ではなく、伊丹市昆虫館には蝶の温室があります。
15種類800匹の蝶がいるそうです。
温室には様々な花が咲いていて、それに蝶がひらひらと飛んだり止まったり、とても優雅でした。
ここの蝶はここが安全地帯だとわかっているのか、普段見かける蝶よりもとてもゆっくり羽ばたいたり、風に流されたり、人間達に襲われるなんて全く思ってないように飛んでいました。
いつでも餌がいたるところにあり、仲間もたくさんいる、天敵の危険もない。そこは蝶にとって楽園なのでしょうね。

でもひねくれた私はちょっと違った見方もしてしまいました。
ゆっくり優雅に飛ぶ様子は、なんとなく弱っているようにも見えます。常に餌は手に入れれるけど、温室という檻から一生抜け出すことができない。そして日々、人間という生物に触られたり観察されたりするストレス…ある意味、生ぬるい監獄だと思いました。

まぁ、蝶にとってはそこから抜け出せないのなら、その中でできるだけ楽しく生きることが一番でしょう。
人間だって同じですよね。今の暮らしの中で今を精一杯楽しく過ごすことが一番です。今を精一杯生きることで、今の暮らしは明日のより良い暮らしに繋がっていく。そう思いませんか?

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Copyright© saraeのひなたぼっこ , 2018 All Rights Reserved.