~ほっこりまったりひとやすみ~

カタルシス

2018/06/28
 
この記事を書いている人 - WRITER -

なんでこんな言葉がいきなり出てきたかというと、結構「カタルシス」という言葉を耳にすることがあるけど、どんな意味なんだろうとずっと調べずにいたからなんです。例えば曲名とかね。今日始めて調べました!

心の中に溜まっていた澱(おり)のような感情が解放され、気持ちが浄化されること
「カタルシス」は哲学や心理学において精神の「浄化」と意味し、アリストテレスが著書「詩学」の中での悲劇論「悲劇が観客の心に怖れ(ポボス)と憐れみ(エレオス)の感情を呼び起こすことで精神を浄化する効果」として書き著した演劇用語である。

悲劇を見ることによって、その恐怖や悲惨さ、非情や無慈悲によって、心に溜まっていたもやもやとした気持ちが霧散していくという感覚はよく分かりますよね。その悲劇を自分に投影して同調することで、恐れおののいたり、涙を流したり、絶望したりする。しかし、現実にはそのような事は起こっていないのでホッとする。それらの目まぐるしい感情の変化によって、悲劇が終わった後に、なぜか気持ちがスッキリしているなんて事はないですか?
私はよくあります。その浄化作用を求めるために、悲劇の演劇とはいきませんが、自ら悲劇的な映画や小説を見ることはあります。

いろいろ難しく説明しましたが、自ら好んで、不幸の話を見て涙して悲しんで、ホラーを見て驚いて怖がって、ストレス解消をするって事です。
その作用の事をギリシャ語や演劇用語、哲学用語、心理学用語で「カタルシス」と言うらしいのです。
「カタルシス」なんて言われるとどんな難しい言葉なんだろうと思いますが、案外身近で簡単な語句なのですね。

知らないことを知らないままにしているのって、本当にもったいないですよ。今日この言葉を調べたことで、私のニューロンとシナプスの繋がりがいくつか増えたはずです(笑)無知は罪です。
知らない言葉や分からない事柄があったら忘れないうちに調べて、脳を活性化させると、日々が発見だらけで楽しくなりますよ。今は調べたいことはスマホなどで、出先でも即座に調べられる時代ですし、どんどん活用して自分の知識にしていきましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Copyright© saraeのひなたぼっこ , 2018 All Rights Reserved.