~ほっこりまったりひとやすみ~

明日、帰ります

 
この記事を書いている人 - WRITER -

八月に入ってから、実家の岩手に半月以上滞在していました。
けれど、楽しい夏休みはあっという間に過ぎてしまうもの。
とうとう明日、大阪に戻る日になってしまいました。

地元に来てすぐお祭り、そして雨の中の花火大会。
久しぶりの地元の懐かしい味のするラーメン。
もちろん、おばあちゃんが作る親しみ深いご飯。
お父さんとおじいちゃんとの乾杯。
子供たちが自然いっぱいの中で全力で遊んだり失敗したりする姿。
一日ごとに暑かったり、肌寒かったりする大幅な気温の変化。
子供たちの成長に目を細める実家の家族の表情。

今年もたくさんの忘れられない思い出ができました。
毎年ここに来るたび、うちの子供たちは大きく成長していて、ここの家族はちょっとずつ老いに蝕まれていく。
この何気ない幸せをいつまで普通に感じることができるのか、来年も同じように皆の笑顔が見れるのか不安に感じることもありますが、その時が来るまで一年でも多くの思い出を残していきたいと思っています。
当たり前の幸せを当たり前と思わず、何気ない一日一日を大切にし、今を精一杯生きること。
それが私ができる親孝行、子供への愛情であり、自分が幸せに過ごす方法なのでしょう。

明日は久しぶりに子供たちはパパに会えるので、ここでの思い出が尽きないマシンガントークで披露されますね。
大阪には旦那の実家の家族もいるし、まだ大阪のお墓参りをしていないので、今度は旦那の実家の家族と団欒したいですね。
あとどれくらい生きられるのか明日が見えないのだから、一日でも一秒でも無駄にせず、悔いを残さないように楽しんで毎日を過ごしていこうと改めて感じました。

ちなみに写真は実家で五年前から飼っている金魚です。うちの子供たちが実家の方の夜店の金魚すくいで、金魚が掬えなくて泣いたところ、夜店のおじさんに4匹ももらいました。それを実家の家族が孫達が可愛がっている金魚だからとずっと世話をしてくれていて、とても大きくなっています。一匹にまで減ってしまいましたが…。来年もまた元気に泳いでいる姿を見れるはず!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Copyright© saraeのひなたぼっこ , 2018 All Rights Reserved.