路上ライブ体験談

路上ライブ、ストリートライブを始めたい方へ

路上ライブをしたいけど、恥ずかしい…勇気がいる…どうしたらいいかわからない…
そんな方に私の経験をお伝えしたいです。
ネットで唄ってるより、たぶん楽しいですよ。

私は10年ほど前に田舎で路上ライブをしていました。
基本行動は、女一人でフォークギターを弾きながら地下道で唄ってました。
初めは師匠と呼んでいた男性と楽器屋さんの掲示板で知り合い、唄を聞きに行って、その日そのまま私も唄ってました(笑)
次回からフォークギターを弾き始め、だんだん一人でも唄えるようになり、たくさんの仲間やファンの方ができました。
さすがに田舎なのでスカウトは全くなく(実力がないせいがホント)、でもステージライブでケーブルテレビに映ったり、仲間に聞いた街へ遠征に行ったりもしました。

初めに伝えたいこと

唄いたいという事
聞いてもらいたいという事
伝えたいという事
大切なのはこの3つです。
あとはなんとかなります。
ギターやベース、キーボードが引けなくたって良いじゃない、1人だって恥ずかしくないよ、唄うことが大好きだもん、ヘタでも気持ちをこめて心から唄う、それだけで人は立ち止まり聴き入ってくれます。

唄う気になったなら、まずは場所探し

駅前や駅地下の通路、アーケードの中、人の迷惑にならない場所で、できたなら他に唄っている人を見たことがある場所が良いと思います。探しながら他の歌い手さんとコミュニケーションをとって話を聞いてみるのもいいですね。もし女性一人の場合は危ない事もあるので人気がほどほどあったり、助けを求めるところが近くにあるところがベストです。そして、道路の邪魔にならないところで場所を確保しましょう。時間は昼でも迷惑にならないならそれもよし、夜にうるさくしても迷惑にならない場所ならそれもよし、ただし未成年は夜は遅くない時間までですよ。

ギターですか?

私はまだコードのFが押さえられない時から唄ってました。ギターが引けなくても歌を唄うことが一番です!もし楽器がないのなら、全く弾けないのなら、アカペラで唄うのもありだと思います。
ただし、立って唄う!
これは必ずです。座ってなんて言語道断。立ってお腹に力をいれないと声が出ません。聴いてくれる方にも失礼です。そして、誰も聴いてなくても心を込めて唄う。
私は楽譜を覚えられなくて楽譜立てを立てて唄ってました。たまに弾けないコードがあっても唄い続ける。

どんな曲を唄う?

歌はやっぱり路上ライブなら例えば無難にゆずとかかなーと思うだろうけど、そんなん好きな曲じゃなきゃ唄う意味が無いじゃん!
路上ライブぽい曲とかあまり知らなくて、大好きなビジュアル系の曲を自分なりに歌いました、例えばラルクとかペニシリン(わかるかな?)とか…。
ビジュアル系だってフォークギターで唄えるんです。


楽譜はこんな感じで歌詞とコードを書いているだけで、一番だけ唄ったり、間奏は飽きられるので程よく飛ばして歌ったりしてました。
あとはフォークソングや懐メロも好きなので唄ってました。懐メロはオジサン受けがいい!リクエストされる程です。大好きなのでどんどん歌いました。

聴いてくれた!

足を止めてくれた方がいたら軽くコミュニケーションを取りましょう。唄い終わったら礼をするとか、目配せをして感謝を表すとか、話しかけてみるとか。大抵相手から話しかけられますけどね「いつも唄ってるの?」「何唄うの?」「アレ唄って」「オリジナル曲あるの?」こんな感じで。
おひねりを貰えた時は唄っている最中でも会釈をしたり、曲が終わったタイミングなら「また聴きにきてくださいね」とか話しかけてみてください。
いやらしい話、おひねりをおけるようにギターケースを置いていたり、ポケットがあるといいかもしれませんね(笑)缶を置くとかはさすがに…いやらしすぎます(笑)金額は…色々ですが、それなりにもらえたりします。
たまに一緒に唄ったり、ギターを教えてくれたり、ファンになってくれたりする人がいて、とても楽しいですよ。

名前を覚えてもらおう

ファンになってもらうのに名前を主張しないとダメですよね、覚えてもらえません。
なので名前を主張しましょう。私は楽譜はクリアファイルにいれていて、そのファイルの外側に大きく「サラ」と書いていたので、すぐに名前を覚えてもらえました。ギターケースでも楽譜立てでも何でもいいので名前を覚えて貰えるように大きく書きましょう!

こんなこともある・・かも?

一度、唄っていたら知らない方の結婚式の二次会に引っ張っていかれ(誘拐ではなくてほんと良かった…)、そこで余興として唄わせてもらいました。たくさんの方がお膳の前に座ってて、一番奥にお嫁さんとお壻さん。かなり緊張しましたが、しっかり唄ってたくさんの拍手とお礼を頂きました。
またまた知らない方の結婚おめでとう曲を即興で作って、披露宴で使うビデオに撮影されたことも。本当に披露宴でそのビデオ流れたのかな…笑

仲間とのコミュニケーション

唄ってると、お仲間さんもたくさんできます。ジュースを差し入れし合ったり、新しい唄い手さん情報、唄う場所の話や遠征の話、ステージライブ情報の交換なんかもできます。
1人が不安なら2人になるパートナーができるかもしれません。
隣同士で一曲交代で唄い合うとか、唄い終わったら一緒にラーメン食べたりとか、仲間というか同志ですかね。同じように唄うことが大好きな人達ばかりです

ステージだって恥ずかしくない!!

私は本当は凄い恥しがり屋の赤面症です。けれど、大好きな唄うことだけは恥ずかしく無くできます。大きなホールのステージで唄った時は、MCはあがり過ぎて何を話したかわからないで「好きな人のために作った歌です」なんて言ってしまい、公開告白してました、お父さんも聴きに来てたのに…でも、唄い始めると緊張なんかすっかり無くなって、唄えてしまうんです
だから、恥ずかしいなんて言ってないで、大好きな歌を大きな声で唄ってみてください。家の中じゃなく、たくさんの人が聞いてくれる外で。あなたの歌で誰か救われるかもしれない、勇気をあげれるかもしれない、明日への力になるかもしれない。

だから外へ出よう!

こうやって、路上ライブをすると、ネットで唄っているより楽しい事がたくさんあります。直接人の反応が見れたり、心を込めて唄った歌を聴いてもらえた時は本当に嬉しいですよ。最初から最後まで聴いてくれたら、本当に感激です!
何か不安や疑問があったらいつでも相談にのりますよ。おひねりの話や、もっと詳しく聞きたいことでも。もし路上デビューしたら、どうだったか感想なんかも聞きたいな。

あなたは既に第一歩を踏み出しているんです。大好きな唄を大いに楽しんでください!

公開日: